男は馬之助

0
     

     上田馬之助が亡くなったとの訃報が飛び込んできました。信じられません。あえて「さん」はつけません。「希代の悪役・馬之助」のままでいて欲しいから。

     私は小さい頃からプロレスの大ファンでした。当時はパソコンや携帯、テレビゲーム、インターネットなどは当然ありませんでしたので、娯楽と言えばテレビ。特にプロレス中継は、当時のこども達の楽しみの代表格だったと思います。学校では男の子の遊びのナンバーワンと言えば、なんと言っても「プロレスごっこ」でした。僕と同年代の男性の方で、必殺技「4の字固め」を知らない人はいないでしょう。友達と4の字固めをかけあってよく遊んでいました。裏返しになったら、技をかけた方が苦しいとか、みんな知っています。

     プロレスごっこで、一番問題なのが悪役を誰にするかということです。誰もやりたくないんですよね。だからじゃんけんで決定。負けたヤツは竹刀を振りかざして馬之助の真似をするのが定番でした。

     僕が小さい頃のヒーローと言えば国際プロレスではストロング小林や金網デスマッチのラッシャー木村、新日本プロレスではアントニオ猪木や坂口征二、そして全日本プロレスではジャイアント馬場やジャンボ鶴田でありました。

     そんなヒーローたちの前にいつも立ちはだかるのが上田馬之助。

    「日本人のくせしてなんだよ!!」

    本当に憎ったらしかった。日本人の風上にも置けないヤツ。ヒーローたちがリングに上がると、ゴングも鳴っていないのに馬之助がいきなり竹刀で襲いかかります。試合が始まっても反則攻撃の嵐!レフリーが見えない角度でのチョーク攻撃!額から血を流し苦しむヒーローたち。

    「馬之助の馬鹿野郎!おい、レフリー!反則じゃないか!!」

     TVの前で叫んでいました。しかし、最後にはヒーロー達が必殺技で馬之助をやっつけます。「やったー!勝ったぞ!」私はTVの前で何度も拳を突き上げてヒーローと共に雄叫びをあげていました。負けた馬之助はフラフラになりながらも、竹刀を振り回しながら通路を引き上げていきます。そして次の週にはまたまた最強の敵として竹刀を振り回しながらTVに登場するのでした。

     こんな幼少時を過ごした私にとって、最近のプロレスは全然面白くありません。何故だろう。その原因を最近になってやっと気づいたのです。馬之助がいないんですよ。あの憎い馬之助が。

     昔の小学校の成績表は1から5まであって、オール5のヤツもいれば1や2ばかりのヤツもいました。先生が正直に成績をつけていたのです。成績が悪ければ何クソと勉強もした。今の小学校の成績表、みなさん知っていますか?評価は3段階のA、B、C。しかも、みなBばっかりのこども達が多いとか。「平等に」とか「みんな一緒に」という上っ面の教育方針に先生達が支配されてるのです。みんな横並びの「平均的」という評価を受けたこども達ばかりなんですね。これでは「個性が死んでしまいます。昭和の高度成長期に自由奔放に育った私にとっては、これでは面白味がないわけです。

     今のプロレスや総合格闘技はまさにそれと一緒。個性がなくて、みんなが同じように見えちゃうんですよね。誰を応援して誰を憎めば良いのかわからないんです。だから飽きられる。

     晩年の上田馬之助は交通事故で半身不随の生活だったという話は聞いていました。しかし、馬之助のことだから、また元気になってリングに戻ってくるような気がしておりました。今の退屈な格闘技界をぶっ壊して欲しかった。

     そこに飛び込んできた本当に残念な訃報。

     プロレスファンなら誰でも知っています。竹刀なんか使わなくても、馬之助は滅茶苦茶強くて、本当に実力のあるレスラーであったことを。しかし最後まで悪役として全うした馬之助。改めて考えると「馬之助」と言う名前は凄すぎます。悪役を宿命づけられたリングネーム。こんなに存在感が大きかった悪役日本人レスラーはいたでしょうか。相手が馬之助だったからこそ、それを倒した小林や猪木や馬場が光り輝いたのです。プロレスファンの一人として心からありがとうと言いたいです。

     馬之助よ。あちらの世界に着いたら、まずはゆっくりと身体を休めて下さい。天国のリングではラッシャー木村やジャイアント馬場やジャンボ鶴田ら往年のヒーロー達が手ぐすねを引いてあなたを待っています。旅立ちのときには竹刀を忘れずに持っていって下さい。

     心からご冥福をお祈りいたします。

    合掌  

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    • お花見に行ってきました!
      すじゃく
    • お花見に行ってきました!
      ken1
    • 早春の風景
      すじゃく
    • 早春の風景
      ken1
    • 日航機羽田沖墜落事故から30年
      ken1
    • 日航機羽田沖墜落事故から30年
      すじゃく
    • 日航機羽田沖墜落事故から30年
      ken1
    • 田中長者と田中の森
      ken1
    • 太宰府天満宮に初詣
      すじゃく
    • 太宰府天満宮に初詣
      ken1

    links

    profile

    書いた記事数:22 最後に更新した日:2012/04/12

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM